トップに
戻る

訪問看護ステーションぷくぷく

2022.09.26

訪問看護でもBCPの策定が必要なんです(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

猛烈な台風14号が過ぎ去ったあとに、台風15号が間髪入れずにやってきて静岡県に大きな被害を与えました。

少しずれれば近畿地方も同じような被害になっていたかもしれません。

その間、神戸~西宮付近では夜中に地震がありました。震度こそそこまででしたが阪神淡路大震災を彷彿させるような

突き上げるような衝撃がありました。翌朝にも同じ場所で地震があり、なんとなく不気味です。

 

地震はいつどこで起こってもおかしくない災害であり日頃から最悪を想定しておく必要があります。

避難経路・持ち出し物品・備蓄等をしっかりと確認し、ご家族やご近所さんと連携が取れる状態にしておく必要があると思います。

 

 

大きな災害発生時、訪問看護においても交通、ライフライン、スタッフの状況等によっては一時的にサービスの提供が

困難になってしまう恐れがあります。サービスのご提供が継続できるように、またはサービスのご提供が出来なくなったりしても速やかに復旧できるように訪問看護においてもBCPの策定が義務付けられます。(令和6年までに策定義務)

 

BCP(Business Continuity Plan)について、ぷくぷくでも会議等で話合いを実施しBCPを策定しています。

誰がどのように情報収集を行い、誰の指示のもとどのように行動するかというところを具体的に決定しています。

スタッフごとの役割をあらかじめ決めておくことで、混乱を防ぎ、サービスの早期復旧を目指します。

 

 

重心さんや小児さんの場合、どのような時においても個々の特性を理解しておくことが必須だと思います。

有事の際は、全てのサービスのご提供が難しい場合があるため、本当に必要なサービスが何なのか?優先すべきことが何なのか?を的確に判断して実施していく必要があります。

 

日頃からご利用者様が本当に求められていること・必要なことをコミュニケーションを通じてしっかりと理解しておき、

いざという時にも活かすことができればと考えています。

 


 

 

2022.09.20

秋の気配がしてきました(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

大きな台風が過ぎて真夏のような暑い日から一気に冷え込みました。

 

季節が秋への変わろうとしているのを感じますが、体調の変化に注意が必要です。

 

個人的には秋と言えば「食欲の秋」なのですが、みなさんは「何の秋」でしょうか?

 

おいしいものを食べ過ぎてしまう為、暴飲暴食の秋とも言えますが・・・

 

 

私は、コロナ禍前までは毎年この時期になるとぶどう狩りに出かけていました。

 

お弁当とクーラーボックスを持って、ぶどう狩り園に到着すると同時にぶどうを採取。

 

採取したぶどうをクーラーボックスに入れて冷やし、持ってきたお弁当を食べる。

 

お弁当が終わったら、冷やしていたぶどうをデザートに頂くというのが定番でした。

 

残念ながらここ数年は行けていませんが、最近ではシャインマスカット狩りといった豪華なものもあるようです。

 

 

 

コロナが落ち着いてきたら、気分転換にお出かけなどで季節を感じてみてはいかがでしょうか?

 

ですが、くれぐれも基本的な感染症対策はお忘れなく。特に食べる前の手洗い・消毒は確実に行いましょう。

 

withコロナと言われている通り、「人withコロナ」ですからコロナばかりが強くなってはダメで、人の生活があってこそだと思います。

 

これからも、どうすれば毎日が幸せに過ごせるかをしっかり考えていきたいと思います。

 

 

 


 

 

2022.09.13

医療的ケアのある方と家族のための防災セミナー(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく お知らせ)

 

まだまだ残暑といった感じの暑い日が続きますが、みなさまは体調を崩していたりしていませんか?

日本列島を囲うように台風が発生していますが、数年前まで異常気象と言われていたことがあたりまえように感じています。

いつどこでどんな災害が起こってもおかしくないような日々が続きますが、そんな災害について考える防災セミナーが行われるようですのでご案内させて頂きます。

 

202210防災セミナー

 

 


 

 

2022.09.12

訪問看護とは考え続けていくこと(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

とある研修に参加した際に改めて思ったのですが、小児さんや重心さんの訪問看護は奥が深い。

 

何を今更・・・と思われるかと思いますが、しっかりと考えていく必要のあることが無数にあることを

 

改めて認識させられました。

 

 

ご利用者さんのケアやご家族さんの悩みを聞き一緒に解決を目指すことは基本だと思いますが、

 

短期的なスパンで考えれることと長期的なスパンで考えていかなければならないことがあります。

 

ご利用者さんの日々の生活の安定を目指すための日々のケアといった短期的なものについては出来たとしても、

 

エビデンスに基づいて実施しているケアの本質を理解したうえで、ご家族さんの想いやご意向などを交えながら

 

細かな軌道修正を行い最終目標に向かうという長期的な視点で訪問が出来ているかという点については、

 

まだまだ足りていないと感じました。

 

 

ご家族さんやご本人さんがどうしたいのか?をしっかりと聞けているかどうかが非常に重要で

 

これを無視してケアだけに専念してしまうことは訪問者のエゴとしかいいようがないと思います。

 

こうやるべきなんです!とか、こうしないとダメなんです!と言うのは訪問者の知識や過去の統計に

 

基づくものであって、ご利用者さんの意思は蚊帳の外になってしまいます。

 

 

何事にもルールが存在すると思いますが、そのルールにはめられてしまって何もできなくなってしまうことは

 

本末転倒で、枠組みから外れてしまうことをどのようにすれば解消できるのかを考え続ける必要があります。

 

真にご利用者さんと向かい合ったうえで、本当に必要なことが何なのか?今やるべきことは何なのか?

 

見落としていることが無いだろうか?など、将来を見据えた生活などをしっかり考えてこその

 

小児さんや重心さんへの訪問看護だと思いました。

 


 

 

2022.09.05

目指している小児訪問看護(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

ぷくぷくは乳幼児・小児・重症心身障害児(者)専門の訪問看護といっておりますが

 

「専門」と名乗る以上、よりプロフェッショナルであるべきであると考えています。

 

医療技術が進化していく中で、訪問看護のやり方だけは従来通りで良いなどということは無いと思います。

 

より良いことを探求しながら、日々アップデートしていくことが大切だと考えています。

 

出来る限り、最新の情報を取り入れながら知識や手技を高めていくこと、そして、他のステーションさんの

 

良いところを吸収していくように取り組んでいき、ご利用者様に目一杯還元ができればと思います。

 

小さい訪問看護ステーションであることを活かして、フットワークの軽さと融通の利くステーションに

 

なれればと考えています。

 

 

国の方針としては、現在増加している訪問看護ステーションを集約し大規模化させて、安定して運営のできる

 

訪問看護ステーションを増やそうと考えられています。

 

そういう方法も一つかと思いますが、大規模になればなるほど細かい部分が見えなくなってしまったり

 

急な変更などに対応できなくなってしまったりと厳しいものがあるのではないかと思っています。

 

乳幼児、小児、重症心身障害児(者)の方々は、いつなにが起こるか分からない不安の中で生活を

 

されているので、急な対処ができないことは致命的になってしまうのではないかと考えています。

 

そういった意味でも、ぷくぷくのような小さなステーションが大規模なステーションでは難しくなりがちな部分を

 

カバーできればと良いなぁと思います。

 

もちろん、ぷくぷくだけではどうしようもできない部分も出てくると思いますので、他のステーションさんとも

 

協力しながら、これからも頑張っていければと思います。

 


 

 

2022.09.01

今日9月1日は防災の日(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

ご存じの方も多いと思いますが今日は防災の日です。それほど深く考える機会の少ない防災について考えてみましょう。

 

ぷくぷくでも防災に関してのスタッフ研修を行いたいと考えていますが、残念ながらまだ至っていません。

 

中でも地震については、いつ起こるか予測ができないため一番しっかりと考えておかなければいけないと思います。

 

災害は、自動車事故と同じようにいざ起こってしまうと誰もがパニックになってしまうのではないかと思います。

 

気を付けていても起こってしまう点もよく似ていると思います。

 

自動車事故でもそうですが、まず一瞬何が起こったのか分からなくなってしまい適切な行動が難しいです。

 

これが、災害の場合は生死に直結してしまう可能性が高い点が大きく違うところだと思います。

 

ぷくぷくでは、万一自動車事故が起こった際に適切な行動が行えるように、簡易的な手順書をスタッフにお渡ししています。

 

例えパニックになってしまったとしても、それさえ見るという行動さえできればある程度の対応ができるようにしています。

 

防災もこれと同様なのではないかと思います。

 

あらかじめ災害が起こった時に、どのように行動するのか?何が必要なのか?について考えておくことで初動を確実なものにできると考えています。

 

もちろん、災害の種類によって対応は異なると思いますが、より生死に関わることを優先事項として考えるのが良いと思います。

 

それが、電気なのか?水なのか?薬剤なのか?ご本人様の状態によっても違うと思います。

 

その個別性を考慮したうえで、本当に大丈夫かどうかについて考えておく必要があると思います。

 

もし、ご家庭だけでの解決が難しいと思う場合は、事前に行政や各医療機関にご相談頂くのが良いと思います。

 

ぷくぷくでもご相談頂けましたら、一緒に考えさせて頂きますので是非お話ください。

 

この機会に一度、ご家庭の防災グッズの確認や避難経路、避難先、避難の際の持ち出し物、協力機関等について見直してみてはいかがでしょうか?

 

あと、ローリングストックの賞味期限や消費期限のご確認もお忘れなく・・・

 

期限が切れそうなものがあれば、その物品を使って被災ごっこのような疑似訓練を行うのも良いかもしれません。

 


 

 

2022.08.31

使いたい訪問看護ステーションを選ぶ時代に(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

健康保険法による全年齢の在宅療養者への訪問看護が開始されて28年、高齢者への

 

訪問看護は多数ありますが、小児さんや重心さんへの訪問看護はまだまだ多くありません。

 

高齢者の方々は、訪問看護ステーションを選ぶことができることも多いですが

 

小児や重心さんのステーションは数が少ないため選択の余地がないというのが現実だと思います。

 

最近では、成人さんをメインにされている訪問看護ステーションさんも小児の訪問看護に

 

取り組もうとされているところが増えてきています。

 

 

そして、先日も神戸市内の複数のステーションさんや医療機関さんで小児訪問看護に対して熱い想いを

 

持たれた方々の集まりがありました。

 

さらに、月1回程度はどこかの医療機関で小児訪問看護に関した研修会が開かれています。

 

私は、近い将来に小児訪問看護も選べる時代がやってくることを確信しています。

 

その時は、しっかりと満足して頂けるステーションだけが選ばれることになると思います。

 

ぷくぷくも、その選ばれるステーションの一つになりたいと考えています。

 

 

ご利用者様やご家族様が本当にして欲しいこと、やりたいことをスタッフにお話しして頂くことで

 

ステーションも考え、成長することができます。

 

また、不満な点などもあればスタッフにお伝えいただけると助かります。

 

それにより至らなかった点や間違っていたことなどに気づくこともできます。

 

ぷくぷくは出来たばかりでまだまだ未熟ですが、より良いステーションになれるように、

 

多くの方のお力を頂ければと思います。

 


 

 

2022.08.29

訪問看護にかかる費用のお話③(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

今回は公費についてのお話です。

 

公費は前々回でもお話したように、国が財源となるものと地方自治体が財源となるものがあります。

 

公費は、誰でも利用できるわけではなく、利用される方によって事前に申請が必要となるものがあります。

 

また、その申請には対象者が定められていて、対象者に該当していなければ利用することはできません。

 

しかも、公費によって申請先の部署が異なることと、申請から実際に利用できるようになるまで結構時間がかかるのが難点です。

 

更に、病院での受診などの場合には該当の疾患に係る受診でなければ利用することができません。(訪問看護では問題なくご利用頂けます)

 

しかし、様々な手間を考慮しても公費を利用することによる恩恵を大きいと思います。

 

 

◆小児慢性特定疾病医療費助成制度
https://www.city.kobe.lg.jp/a86732/kenko/health/promotion/intractable/child/annai.html

 

訪問看護において公費は国の財源のものと地方自治体によるものどちらもご利用することができます。

 

より自己負担の少ない公費を使いたいと思いますが、実はそうはいきません。

 

国が財源の公費を持っている場合は、国の公費を優先して利用しなければいけないというルールがあります。

 

例えば、小児慢性とこども医療を所持していたとします。

 

小児慢性(国の公費)の上限額が800円、こども医療(地方自治体の公費)の上限額が0円だった場合、

 

こども医療の方が安いからこども医療を利用しようとしてもルール上できません。

 

必ず、国の公費である小児慢性から利用しなければいけません。

 

じゃあ小児慢性なんて取得しなければ良いじゃないかと思われますが、小児慢性にも大きなメリットがあるのです。

 

一つ目は、日常生活用具給付です。市町村により自己負担額は変わりますが、様々な助成を受けることができます。詳細は下記を参照してください。

https://www.shouman.jp/assist/utensil

 

二つ目は、神戸市では入院時の食費が2分の1になります。詳細は下記を参照してください。

https://www.city.kobe.lg.jp/documents/1353/201802jikohutan_1.pdf

 

三つ目は、利用した各医療機関の合算で上限額となります。

例えば上限額が800円の場合、A病院+B薬局+C訪問看護を利用した場合、3つの利用料合算で上限額が800円となります。

こども医療などの場合は、それぞれの医療機関で上限額800円となるため、3つの医療機関を利用すると自己負担額が2400円となります。

 

このように、利用を考えているものによって申請するかしないかを考える方が良いです。

 

何でもかんでも申請してしまうと実は損した・・・なんてこともあるので注意しましょう。

 

難しくてよく分からない時は、当ステーションのスタッフに相談してみて下さい。メリットデメリットを踏まえてお話させて頂きます。

 


 

 

2022.08.22

訪問看護にかかる費用のお話②(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

まだまだ暑い日が続いています。どちらかといえば蒸し暑いになりますが。

 

夏バテではないですが、体がしんどくなりがちだと思いますのでお気をつけ下さい。

 

 

さて、前回のブログで訪問看護の料金は最低8550円かかりますよということをお話しましたが、

 

これ以上にかかることがあります。それが訪問看護の加算によるものです。

 

訪問看護の料金体系は下記のようになっています。

 

◎基本療養費(5550円)+管理療養費(3000円)+各種加算

 

ですが、実は上に記載した基本療養費と管理療養費は必ず8550円というわけではありません。

 

訪問に行く職種(看護師、准看護師、セラピスト)や訪問回数、訪問看護ステーションの体制などによって変化します。

 

特に管理療養費は、その月の初回訪問のみは3000円ではなく7440円となります。

 

 

では、本題の加算に関するお話です。

 

訪問看護には多くの加算が存在します。

 

例えば24時間対応体制加算というものがあります。

 

これは簡単に言うと、24時間いつでも訪問看護に行くことができるので、

 

何かあったらいつでも連絡してくださいね、状況に応じて医師の指示のもと駆けつけますよ!という加算です。

 

乳幼児さんや重心さんは、常に不安を抱えていると思います。何かあった時に訪問に駆けつけてくれると思うと少しは不安が和らぐと思います。

 

ちなみに、この加算は月に一回だけ6400円かかります。

 

なので、このサービスを利用されている場合、その月の初回訪問は下のような金額になります。

 

基本療養費(5550円)+管理療養費(7440円)+加算(6400円)=19390円となります。

 

もちろん、前回お話した通り保険証と公費がご利用できるので、全額負担ではありません。

 

公費の上限額が800円であれば、加算があってもお支払いは800円だけとなります。

 

 

訪問看護を利用されている方でもなかなか見られる方が少ない訪問看護の請求明細書ですが、

 

時間があれば一度見て頂ければと思います。

 


 

 

2022.08.15

訪問看護にかかる費用のお話(訪問看護 神戸市 小児 重心 ぷくぷく ブログ)

 

ご利用になられる方以外はなかなか耳にすることがないと思うのでちょっと書いておこうかと思います。ちょっと長いですが、、、

 

訪問看護には介護保険による訪問看護と医療保険による訪問看護の2種類があります。

 

介護保険による訪問看護は40歳以上の方が対象となります。

 

ぷくぷくでは、40歳以下の方ばかりですので医療保険での訪問看護となります。

 

なので、今回は医療保険での訪問看護についてお話します。

 

 

ぷくぷくの場合だと、年齢に関わらず2022年8月現在では、最低でも訪問看護1回で8550円かかります。

 

めっちゃ高いですよね。これはあくまでも保険証などがなくて全額を自己負担した場合です。

 

ですが、訪問看護でも病院に通院するときと同じように国民健康保険や社会保険の保険証を使うことができます。

 

こちらを利用されることで、6歳未満の未就学児さんだと2割、6歳~70歳未満の方だと3割を負担すればOKとなります。

 

なので、例えば1歳のお子さんの場合、1回あたりの負担額が8550円×0.2=1710円の負担となります。

 

それでも毎週1回訪問に来た場合、1か月で1710円×1回×4週で6840円となかなかの金額になってしまいます。

 

 

毎月の出費としては、ちょっとキツイですよね。

 

その負担額を軽減させる方法として公費と呼ばれるものがあります。

 

訪問看護で使用できる公費には国が主体となっているものと、市町村が主体となっているものの2種類があります。

 

国が主体となっている公費は主に、小児慢性特定疾病、難病医療、自立支援医療、生活保護などがあります。

 

これらは、訪問看護で使用できるといってもあらかじめ、使用される訪問看護ステーションが指定医療機関の申請を届け出ておかなければいけません。

 

ちなみにぷくぷくでは、上記に記載している公費の届け出は全て提出していますので、上記でお持ちの受給者証があれば全てご利用いただけます。

 

もう一つ、市町村が主体となっているものがあり、神戸市の場合では、こども医療、重度障害者医療などです。

 

これら公費を使用することで負担額をグッと下げることができます。

 

公費には、どちらも上限負担額が設定されています。

 

訪問看護においても公費を使用された場合は、上限負担額が適用されます。

 

例えば上限負担額が1月あたり800円と記載されていた場合、何回訪問看護に来てもらっても800円以上かかることはありません。

 

小さなお子様の場合1月あたり0円なんてこともあります。その場合はもちろんご利用者様自身のお支払いは0円です。

 

なぜそのようなことが起こるかというと、訪問看護にかかる費用が国や市町村から助成される為です。

 

訪問看護ステーションの方針によっては、訪問時に使用した駐車場代などを別途請求されるところもあります。

 

それについては、公費の対象外となるため別途お支払いが必要になりますのでご注意ください。

 

なお、ぷくぷくでは駐車場代などの別途費用は一切頂いておりませんので、自己負担額以上に費用がかかることはありません。

 

 

ちょっと長くなりすぎましたので、続きはまたの機会にしたいと思います。